Made in Kanazawa

金沢でのものづくり

Made in Kanazawa へのこだわり

魅力的な内灘町のこと

ヒガシ電子工業が位置する「内灘町」は金沢市と隣接し野々市市・白山市・津幡町・かほく市と合わせて「金沢商業都市圏」の一角として、広い区画と立地を生かした工業集積地として発展して参りました。
また、早期より金沢市のベッドタウンとして、日本海と河北潟の景勝の恩恵にあずかり、県下最大規模の総合病院も有し、市民の保養・憩いの地としての歴史も紡いで参りました。

内灘町は「陸海空」へのアクセス好立地

弊社は、お客様との物理的な距離の近さも「大切なサービス」のひとつであると考えます。
通信手段が多様に発展した現代に置いてこそ、物流・人流の円滑さも「求められる品質の一つ」だと思います。

・東京・大阪・名古屋等三大都市圏への鉄道の入り口である「金沢駅」へは車で約19分
・海外をはじめ国内遠方との交流を可能にする「小松空港」へは車で約36分
・また、近年あらたな再開発と共に注目される「金沢港」へは車で約16分

地の利を最大限に活かし、お客様にメリットを還元いたしたいと考えております。

Made in Kanazawa へのこだわり

ヒガシ電子工業は「Made in Kanazawa」のものづくりにこだわって参りました。

高等教育機関が集積した『学都・金沢都市圏』では「産・官・学」の連携による研究と事業への実装の経験値の蓄積があります。

また、『歴史文化都市』であると共に「伝統工芸王国※」を自認する石川県の県都として『ものづくり都市』を標榜しております。

金沢でしかつくれないもの、金沢だからこその仕上がり、金沢らしい革新を目指します。

※日展入選者数:全国第1位 日本伝統工芸展入選者数:全国第1位(いずれも人口100万人当たり)
登録伝統工芸士数:全国第2位(391人)
 出展:石川県2018年